油画コース

自分の表現を探す

本コースでは、対象空間を再現できる基礎的な描写力をつけることを第一段階とし、自分の視点で絵を構想し、それを高度な完成度で表現する力をつけることを最終目標としています。絵画を味わい、学び、研究する姿勢を身につけ、バランスの取れた力を養います。

 
デッサン
木炭や鉛筆を描画素材にしたデッサン課題は、人物、静物、石膏像等、様々な対象を描きます。言葉から自由に発想し想像で描く課題もあり、様々な角度から描く力を養成します。
 
クロッキー
短時間で素早く対象を捉えるクロッキー力は、絵の基礎的な力として重要です。目の前のものや空間をしっかり描く力をつけることは個性的な表現を支えます。
 
模写
先人達の残した作品に興味を持つことは自分の表現を模索し、確立していくためにも大切なことでしょう。古典絵画の模写により、材料の知識や描画技法を学びます。

志望校別対策
多摩美術大学、武蔵野美術大学をはじめとする各私大の対策授業・東京藝大対策授業を通して、一年間つけてきた力を入試本番に結集できるようにアドバイスを行います。

油彩
油絵具は使い方で実に多様な表現が可能です。下地、描画方法、画用液、ドローイング素材の研究授業を通して自分の個性的な表現を模索していきます。

レクチャー
描く力と同じ位作品を観る力をつけることは大切です。時代と絵画空間の関係を知り、表現者としての知識を身につけるために、スライドを用いたレクチャー授業を行います。

テクスチャー研究
油絵の具や複合素材による表現、また即興性を生かした表現力などを養うためテクスチャー研究を行います。実験を重ねた後は、それらを発展させ、作品を制作します。

野外スケッチ・取材対策
絵の材料となるものは屋内だけにあるわけではありません。時には、アトリエから飛び出し、視野を広げます。油画科の入試では取材する力が試される出題もあり、その対策を行います。