描き出し

まず、描き出す前に、よーくモチーフ(リンゴ)を 観察しましょう。「普段なにげなく見過ごしている ことを、再発見して確認する。」それは、絵を描く ときに、とても大事なことになります。 最初は、できるだけゆったりと全体を捉えるつもり であたっていきましょう。輪郭は、最初に決めてし まわない方が良いでしょう。形は最後まで見直して 本物に近づけていきます。

グルーピング

光の方向を見ながら、大まかな明暗の 調子をつけていきます。「かげ」には陰 と影があります。
「陰」とは、簡単に言うと、光のあたら ないところです。「影」とは、モノが落 とす「かげ」です。デッサンでは、床 に落ちる「かげ」などがそれです。そ して、初心者は「影」を忘れがちですが、 どちらのカゲも同じくらい大事なもの なのです!

徐々に

鉛筆の調子をのせていくことを、「色を 塗る」と言う人がいますが、デッサン で調子をのせていくときには常に形を 意識することが大事になります。鉛筆 で触っている場所がモチーフではどん な凹凸や丸さをしているのかを意識し てその形を触っていくように描いてい きます。 りんご特有の張りの形を見つければさ らに「らしさ」が表現できるでしょう。

面の方向

面の方向の違いを意識しながら、鉛筆 調子の差を作っていきます。 日向は、形やディティールがはっきり とカラッとはっきり見え、日陰では、 少しぼんやりとしっとり見えるのがわ かるでしょうか? 日向は鉛筆を擦らずに、形をしっかり 描写し、日陰ではのせた鉛筆をガーゼ やティッシュ擦って日向との差を作る と効果的です。

色を感じながら

鉛筆には確かに色はありません。でも、 良いデッサンとは、色味も感じさせて くれるものです。ものにはそれぞれ固 有色があります。りんごの赤色を白黒 に置き換えたらどれぐらいのトーンに なるのかをイメージしながら、調子の 幅を作っていきます。 一枚のデッサンの中で紙の白から、鉛 筆で作れるしっかりとした黒までで全 部使って描くように意識しましょう。

完成!

りんごの縦スジやツブツブなど、更に 描写を進めて完成です。 ここまでの工程は、実際には、もっと 複雑になります。形も、色も、質感も 同時に見るような感覚も必要だし、細 部を描きこみながら、全体のグルーピ ングを意識することも必要になります。 デッサンは頭で理解すること以上に、 体で覚えることが大事なので、唯一の 攻略法はたくさん描くことです!