多摩美術大学生産デザイン学科プロダクトデザイン専攻の合格者作品を、2010年から2019年入試の9年分に渡って一挙公開します!

プロダクトデザインの試験傾向は、2010年に大きく変更され現在に至ります。平成から元号が変わる今年度入試でちょうど10年目!そんな節目の年に、9年間を振り返ってみようと思います。プロダクト志望の受験生も、これからプロダクトを目指そうかなと思っている高校1・2年生にも、参考資料としてなかなか面白いと思います。
でもちょっと作品点数が多くなるので、今回は第一弾として2010年~2015年の合格者入試再現作品をご紹介しますね。

ちなみに、9年間でハマ美からプロダクトデザインに合格した人数は46名!!決して大きくはないこの予備校からこんなに合格してるなんて、みんなすごいね!!

2010年
色彩構成:「紙」を主たるモチーフとして、美しい色彩構成をしなさい。
鉛筆デッサン:手と器を想定してデッサンしなさい。


紙を色彩豊かに、かつしっかりとコントロールする力が観て取れる作品です。現役合格


入試ガイドにも掲載された作品ですので、記憶に残っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

2011年
色彩構成:「ゴム」を主たるモチーフとして、美しい色彩構成をしなさい。
鉛筆デッサン:手と瓶を想定してデッサンしなさい。


色とりどりのゴムが綺麗です。”5時間でどこまで詰められるか!?”に挑戦してました。


このデッサンも、入試ガイドに掲載された作品です。

2012年
色彩構成:「ガラス」を主たるモチーフとして、美しい色彩構成をしなさい。
鉛筆デッサン:手と蓋を想定してデッサンしなさい。


この年の入試ガイドにはデッサンも含めて計4点の作品が掲載されました。こちらの作品はその中の1点。現役合格


色とりどりのタイルが見せる鮮やかさと空間の演出が目を留める作品です。現役合格


モチーフをただ説明するのではなく、それらを新たなイメージに置き換える”見立て”が魅力です。現役合格


ガラスの玉が水に飛び込んだ一瞬の状況を、上手く表現に結びつけています。現役合格


この色彩構成も入試ガイドに掲載された作品。色彩のセンスも絵の画角も魅力的です。現役合格


このデッサンも入試ガイドに掲載されました。レンダリングのような力強さが魅力的な作品です。現役合格

2013年
色彩構成:「水」を主たるモチーフとして、美しい色彩構成をしなさい。
鉛筆デッサン:手とボール(Ball)を想定してデッサンしなさい。


この色彩構成も入試ガイドに掲載された作品。5時間ですごい完成度です。実物をお見せしたい!現役合格


ストライプのテント地に水滴が溜まっている様子をグローズアップしている面白い視点です。


試験時間でこの量を描ききる画力がものすごいですね!色彩感覚も素晴らしい!現役合格


俯瞰の設定は破綻が起こりにくい反面、わずかな空間を見逃さないようにしないと単調になるので、この作品をお手本に。現役合格


キャンバスに溜まった絵の具の表現とあえてシンメトリーに近い構図で攻めた作品です。


この年はデッサンと色彩構成で計4点の作品が入試ガイドに掲載されました。こちらのデッサンもその中の1点です。現役合格

2014年
色彩構成:「風」を主たるモチーフとして、美しい色彩構成をしなさい。
鉛筆デッサン:手と「取っ手」を想定してデッサンしなさい。


「風!」と聞いてハマ美はびっくりしませんでしたよ。想定内です。


この年のダクト受験者200人の中の最高得点、トップ合格者の作品です。現役合格


風をどんなアイデアで表現するかというのがポイントです。そしてそれは毎年変わりません。現役合格


非常に高い精度で形を捉えられる力が観て取れますね。これぞ立体系という作品です。


この年は3点の作品が入試ガイド掲載に選ばれました。そのうちの1点、満点の作品です。


ダイナミックな空間設定と力強い描写がとても魅力の作品です。現役合格

2015年
色彩構成:「布」を主たるモチーフとして、美しい色彩構成をしなさい。
鉛筆デッサン:手と「ガラスの器(うつわ)」を想定してデッサンしなさい。


この年の合格者最高得点462点に1点届かず461点!惜しい・・・。入試ガイドにも掲載されている優秀作品です。現役合格


とても高い完成度のおかげで、空間感がとても明快に表現されています。また色彩も美しいですね。現役合格


ストライプ柄がガラスによって歪んでいく様子や、布に落とす影の設定が魅力的です。現役合格


「形」を触覚的にしっかり描ききる力が完成度に結びついている作品です。現役合格

第一弾として2010年から2015年までの鉛筆デッサン、色彩構成合わせて26点の多摩美術大学生産デザイン学科プロダクトデザイン専攻の入試再現作品をご紹介しました。実は入試傾向が変わる2010年以前の入試ガイドにも、参考作品としてハマ美生の作品がかなりの点数で掲載されているんですよ!
次回の第2弾は、2015年から2019年の作品をご紹介しますのでお楽しみに!