迷っちゃう!?多様な美大デザイン専攻
知っておきたい美大入試の基礎知識をお届けする「美大入試の基本」Blog。今回のテーマは「いっぱいある!美術大学のデザイン専攻の種類」です。
〇〇デザイン学科や▲▲デザイン専攻などなど、様々な名称や専攻が多くデザイン科ってわかりづらいですよね。今回は、多摩美術大学と武蔵野美術大学、東京芸術大学を比較しながら、細かく分かれたデザイン系専攻の種類を5つのカテゴリーに分けてご紹介します。

5つのカテゴリーに分類

まずは世の中に様々あるデザインを、美大受験に即して大きく5つ、平面系デザイン、空間系デザイン、立体系、情報系、総合系に分類してお話しします。
それぞれのカテゴリーに属するデザインが具体的にどんな内容かというと、まず1つ目、平面系のデザイン。
”平面”の名前の通り、広告やポスター、雑誌の編集、イラストレーションなど、平面媒体を主にデザインするのが平面系のデザインです。”デザイン”というと、この平面系のデザインがイメージされるのではないでしょうか?受験生にも一番人気です。
二つ目、空間系デザイン。こちらも名前の通りで”空間”を扱うデザインです。ディスプレイやインテリアなど建物の内部空間や、公園・都市計画などの外部空間のデザインを行います。
次に立体系のデザイン。こちらは立体物をデザインするカテゴリーです。車や家電を始め、文具や雑貨など生活にまつわる立体物のデザイン全てが専門領域です。
次に情報系デザイン。少々馴染みのない名称かもしれませんが、主にデジタルコンテンツを媒体とするデザインと考えておいてください。コンピュータグラフィックスやゲーム、ホームページのデザインでしょうか。U.I(ユーザーインターフェイス)デザインといって、ウェブやアプリを使いやすくデザインするのが、情報系デザインの役割です。
最後に総合系デザイン。
こちらも馴染みがないかもしれません。平面系・立体系というように細かく専門性の高い分野に特化したデザインというわけではなく、社会の様々な問題をデザインを通して提案していくというような”企画”や”ディレクション”をするのが専門領域と捉えておいてください。
大きく5つのカテゴリーに分け、その特徴をご説明しました。

平面系

では、大きく5つのカテゴリーを、多摩美術大学、武蔵野美術大学、東京芸術大学ではどんな専攻が担うのでしょうか。
まずは平面系デザイン。多摩美では「グラフィックデザイン学科」、武蔵美では「視覚伝達デザイン学科」、芸大は「デザイン科」がその専門領域を担う専攻になります。

空間系

次に空間系デザイン。多摩美で空間を扱う専攻は演劇舞踏デザイン学科劇場デザインコースと環境デザイン学科。武蔵美は建築学科と空間演出デザイン学科。芸大はデザイン科になります。多摩美と武蔵美には空間系デザインを学べる専攻が2つあります。同じ空間系のデザインに属していながら専門領域が違うからです。劇場美術デザインコースはその名の通り、舞台美術を専門的に研究する専攻です。映像美術、照明、衣装デザインなども専門領域です。多摩美の環境デザイン学科は2年次から「インテリア」「建築」「ランドスケープ」の3コースに分かれより専門的な研究を行います。
一方武蔵野美術大学は、建築学科と空間演出デザイン学科です。建築学科はその名の通り建築を学びます。空間演出デザイン学科には3年次から分かれる4つのコースがあります。「セノグラフィ(舞台美術)」「インテリアデザイン」「環境計画」「ファッションデザイン」です。
こうして見ると、多摩美の劇場美術デザインコースと武蔵美の空間演出デザイン学科のセノグラフィーコース、多摩美の環境デザイン学科インテリアデザインコースと武蔵美の空間演出デザイン学科インテリアデザインコース、建築デザインと建築、ランドスケープデザインと環境計画、舞台美術の衣装デザインとファッションデザインというように、似た専門分野を多摩美でも武蔵美でも学べることがわかります。

立体系

次に立体系デザイン。多摩美はプロダクトデザイン専攻とテキスタイルデザイン専攻。それに工芸学科です。武蔵美は工芸工業デザイン学科。芸大はデザイン科と工芸科になります。多摩美には立体を学べる専攻が3つもあります。しかも工芸学科は、陶芸が学べる「陶プログラム」、金属工芸が学べる「金属プログラム」、ガラス工芸が学べる「ガラスプログラム」というように3つのプログラム制でより専門的な工芸が学べる仕組みになっています。一方武蔵美で立体系デザインを学べる専攻は工芸工業エザイン学科だけです。ですが、2年次に3つのコース「インダストリアルデザインコース」「インテリアデザインコース」「クラフトコース」に分かれより専門的に学べるシステムになっています。「クラフトコース」ではさらに、金工、木工、陶器、ガラス、テキスタイルの5つの専門分野に分かれるので、実はかなり多様な専攻なのです。
立体デザインを学べる専攻が、多摩美には3つもあって武蔵美には1つしかない、ように見えますが、中身を見るとかなり共通した専門分野が設けられている、というのが特徴です。

情報系

次は情報系デザインです。
多摩美には情報デザイン学科、武蔵美にはデザイン情報学科と映像学科があります。多摩美の情報デザイン学科には「情報デザインコース」と「メディア芸術コース」の2つのコースがあって、同じ学科内にありながらそれぞれ独立したコースで、研究内容もはっきりと違いがあります。「情報デザインコース」は主にUIデザインを代表にデジタルコンテンツをデザインするのが専門領域になります。メディア芸術は、様々なメディアを媒体とし”表現”を研究する専攻です。ですのでデザイン系専攻なのか少々微妙なところです。武蔵美のデザイン情報学科は情報デザインコースと基本的に同じ専門分野になります。映像学科はその名の通り映像にまつわる様々なジャンル、写真、ビデオ、アニメーションなどから、ドラマや映画の企画から制作を学びます。

総合系

次は総合系デザイン。武蔵美の基礎デザイン学科は『デザインを分けない。どんな領域でも活躍できる人材を育てる。企画・構想力と全方位のデザイン力を学ぶ。』と唱っています。2014年に多摩美に新しく開設された統合デザイン学科も『企画力やプロデュース力を養う』ことを目指しています。平面系、立体系といったカテゴライズが難しいことと、この2つの専攻が目指す内容を含めて、ハマ美では”総合系デザイン”と呼んでいます。
最後に東京芸大のデザイン科についてです。芸大のデザイン科は私大のような細かな専門分野に初めから分かれているわけではなく、1,2年次は広くデザインについて学び、3年から「グラフィックデザイン」、「情報デザイン」、「プロダクトデザイン」、「空間デザイン」などを専門分野とする、合計10の研究室にわかれるのが特徴です。工芸科も、1,2年次は基礎課題を行い、「金工(鍛金)(鋳金)(彫金)」「漆芸」「陶芸」「染織」の6つの専門分野に別れ研究します。

専攻選びに迷ったら?

専攻選びに迷ったら、クリック↓カテゴリーから入っていくのがポイントです。自分は将来どんな分野のデザインをやっていたいんだろう?平面系かな?立体系かな?と言うように。「将来はポスターのデザインをやってみたい」だとすると平面系デザインが専門領域になるので、カテゴリーは平面系のデザイン。じゃあ平面系のデザインが学べるのは多摩美ではグラフィックデザイン学科で、武蔵美では視覚伝達デザイン学科だ!といった具合に。そうしたら次はそれぞれの専攻を調べてみる。そいうやって徐々に徐々に深くより詳しい情報を得ていくといいでしょう!

しっかり情報を理解して、難関美大の現役合格を目指しましょう!