デザイン工芸コース

第一志望校に向かって

専攻別に必要とされる評価基準は満たす力を養うため、特別カリキュラムやオリジナルテキストを通して実践しています。
長年培ってきたノウハウが、高い現役合格率の理由です。

専攻別デッサン強化課題

手のデッサン
「手」のデッサンを入試で課す専攻は多く、難易度の高いモチーフの一つです。構造をしっかりと理解することが上達の第一歩。テキストを用いて形の理解を深めます。

静物デッサン
「立体・空間系デザイン專攻、または武蔵美の視覚伝達デザイン学科のデッサン入試対策として、静物空間を捉えるポイントを学びます。

石膏デッサン
「東京芸大志望者が行う石膏デッサン対策。とことん描き込む長い時間設定の課題や、印象を素早く捉える短時間でのクローッキ課題など、デッサン力を強化していきます。


基礎演習課題

色の理解:色彩基礎演習課題
「色彩を明度によってしっかりコントロールする力を養うことが色彩構成の基本です。この基礎演習課題と同時に、塗りのテクニックも習得します。

形の理解:パースの理解
立体・空間系の専攻には必須のトレーニングです。テキストを用いて実践しながら理解を深めていきます。

形の理解:明暗の設定
立体感や空間感の表現には光と影の効果がとても重要です。画面の中に光を設定し、はっきりとした光の秩序を意識した制作を行っていきます。

道具の使い方
デッサンも色彩構成も、道具をしっかり揃え、きちんと使いこなすことも上達の秘訣。手引き書で初心者も安心です。


 

專攻別構成強化課題

構成演習:平面系
平面系デザイン学科の構成力を養う演習課題。多摩美グラッフィクデザイン学科、武蔵美視覚伝達デザイン学科を念頭においた特別課題です。

構成演習:立体系
立体系色彩基礎課題を受け、多摩美プロダクト、武蔵美工芸工業、空間演出デザインを中心とした対策課題へ移行していきます。立体系専攻の色彩構成に必要な評価基準をしっかりと身につけます。

構成強化課題
構成の基礎となるバランス感覚を養う特別課題。通常の制作とは違ったツールを用いて行います。


 

推薦入試対策

ポートフォリオ
推薦入試で重要度の高いポートフォリオ制作。これまで合格していった先輩たちのファイルを参考にしながら、一人ひとり対応していきます。

プレゼンテーション
多摩美プロダクトデザイン專攻など、試験科目にプレゼンテーションを課している專攻に向けての対策。ポジティブに伝えることが大切です。