推薦入試コース

推薦入試コース

自分を見つめ、形にする。

主に多摩美・武蔵美・東京造形(AO)などの推薦入試のためのコース。
自分の興味や関心に向き合い、深め、それを形にし、アピールできるように仕上げていきます。

9月開講高3生・高卒生対象/月〜金 5:30p.m.~8:30p.m.

美大の推薦入試って何するの?

ポートフォリオのように事前にじっくりと準備を重ねていくようなもの、クリエイティビティテストやプレゼンテーションなど、聞いたこともない、あるいはこれまで経験したことがないような試験があります。対策では、個々の志望に合わせ、課題を組み合わせて対策を行っています。

デッサン・色彩

推薦入試でも、一般入試と全く同じような実技試験を出題する専攻もあれば、推薦入試独自の入試を行う専攻など、試験形式は様々です。多摩美のグラフィックデザイン学科などでは、一般入試と変わらない内容が出題されています。一般入試よりも数か月早いタイミングで実技力を合格レベルに引き上げる必要があるため、対策期間に入ったら、急ピッチで課題をこなし、経験値と完成度を上げていきます。

ポートフォリオ・提出作品

いずれもこれまでに行ってきた活動内容(作品や研究など)を見せるものですが、内容が十分でない場合は、早めの段階で内容作りからサポートしています。また、ポートフォリオ制作はただ写真を並べるだけでなく、内容をわかりやすく、より魅力が伝わりやすいよう、ファイル作成をアドバイスします。

面接・プレゼンテーション

実際に大学の教授と対面で話をしていくことは、受験生にとって大変緊張する場面です。推薦対策の授業では模擬面接を繰り返し行い、緊張して普段の力が出せなくなることのないよう練習を重ねます。面接の内容は志望理由や、自分の作品をプレゼンテーションするものなど様々ですが、いずれも自分の考えていることをきちんとアピールできるようにしていきます。

小論文・志望理由書など

志望理由書は多くの大学で、小論文は一部の大学でそれぞれ課されています。いずれも長文ではありませんが、自分の言葉で、明解に記述できることが大切です。特に面接試験がある場合は、この志望理由書をもとに面接が行われることもあるため、付け焼き刃ではなく、しっかりと自分の考えを自分の言葉で表現できるよう、繰り返しアドバイスしています。

推薦対策は夏期講習+推薦入試コース

推薦入試コースの授業は9月開講です。それぞれの入試に合わせた個別カリキュラムで、実践的な対策を行います。ポートフォリオ作りに時間がかかる、試験内容に実技があるなどの場合は、夏期講習会にも推薦入試の講座がありますので、そこからのスタートをお勧めしています。

受験科前期

大学に入ってから必要となる、基本的なデッサン力や色彩への知識、素材を使いこなす力など基礎力を養います。
※別途お申し込みください。

夏期講習会


ポートフォリオのための内容作りやデッサンなど、試験内容に応じ、個別に課題を変えて対策を行います。
※別途お申し込みください。

推薦入試コース


直前のこの時期は、試験時間を想定した課題制作や模擬面接などを繰り返し行い、完成度を上げていきます。授業期間は各試験終了時までです。

受験科前期に基礎力をしっかりつけておこう!

受験科前期に当たる4月から夏までの期間は、受験科の自分にあった内容のコースで基礎力をしっかり養っておきましょう。一般入試で入学する学生と遜色のない実技力をしっかり蓄えておくことをお勧めします。