受験科【部活対応コース】

部活対応コース

3年生になっても部活が忙しく、受験対策の時間がなかなか取れないという方のためのコースです。部活の引退は、遅ければ10月ぐらいになってしまうこともあり、実技の受験対策が大幅に遅れてしまうケースも少なくありません。部活は最後までしっかりやりたい、でも行きたい大学・専攻は諦めたくないという人のため、スキマ時間を使った対策を個々のスケジュールに合わせて提案しています。

授業日週1回のスクーリング(個々のスケジュールによる)
原則月4課題〜

部活対応コースを利用した1週間のスケージュール例
学校の授業と部活の空き時間を効率用活用しよう!
1. スクーリング指導
部活の定休日や早めに終了した日は、基礎的な課題をこなしたり、家庭課題の講評等、1時間〜3時間程度でできることを行います。
2. 講評会への参加
受験科の講評を見学できます。他人の作品を見たり、それに対する講師のコメントを聞くことで、課題のポイントがつかめます。
3. 家庭課題
上達するには、やはり実際に手を動かすことが一番です。家庭でのちょっとした時間を使ってデッサン等の課題をこなします。
Q,スクーリング授業とはどんな授業ですか?
Anser

自宅で描いた課題をハマ美に持ってきてもらって、その作品の講評を受ける授業です。個別指導で行う場合と、グループで行う場合があります。作品の良かったところや、修正ポイントなど個別にアドバイスを行い、次の課題につなげます。マンツーマンで行いますので、制作中にわからなかったことなど直接聞くことができるので安心して課題に取り組めます。

家庭課題はどんな課題が出ますか?
Anser

ベーシックな力を養うためのデッサンを中心に行います。モチーフは、自宅にあるようなもの、例えばキッチン用品やティッシュケースのような箱型のものなど、新たに購入する必要のないものを出題しています。また、経験者の方、初心者の方など、レベルに応じ課題の難易度を変えています。

引退が遅いのですが、部活対応コースだけで受験できますか?
Anser

部活対応コースは本格的な入試対策までの「つなぎ」の対策です。課題数も少ないので、部活を引退したら速やかに通常の受験科のコースに移籍して受験対策を行うことをお勧めします。

部活対応コースを活用した入試までのスケジュール
部活の引退のタイミングで受験科の各コースに合流して受験対策を行います。
個別スケジュールを作成

引退の時期はいつなのか、空き時間はどこなのか、講習会への参加はできるのかなど、個別に部活の活動状況をお聞きし、対策可能なスケジュールをご提案しています。
お気軽にご相談ください。