高1高2生の夏期講習受講ガイド

初めての人のための講座や、
ステップアップしたい人のための講座がいろいろ!

初めての人のための講座

経験者の人の講座

※タップすると経験者用ページに移動します

初めての人のための講座

講座番号

初めての人のための、用具の使い方から描き進め方まで、鉛筆デッサンの基本が学べる1日3時間×6日間の講座です。

●スケジュールはこちら
BA1~BA8は、全て同じ内容の講座ですので、8つの期間のどこからでもスタートできます。
どんなことをやるの?
1課題目「静物デッサン」:画材を知る

課題:『デッサン画材を準備し、モチーフをセットしてデッサンしましょう。』

制作時間:1日間(3時間)
画面サイズ:B4
モチーフ:りんご、針金

作品:基礎科

モチーフ例

Point!

まずはデッサンで使う道具の準備です。鉛筆の削り方やねり消しゴムの使い方などを学びます。

授業アトリエ風景
2課題目「静物デッサン」:パースの基本

課題:『円柱と立方体を、想定で描いてみましょう。』

制作時間:1日間(3時間)
画面サイズ:B4

作品:基礎科

モチーフ例

Point!

シンプルな幾何形体をモチーフに、空間を生み出すパース(遠近法)を学びます。

3課題目「静物デッサン」:初級編1

課題:『セットされたモチーフをデッサンしましょう。』

制作時間:2日間(6時間)
画面サイズ:B3
モチーフ:ブロック、薪、丸い缶

作品:基礎科

静物デッサン作品例

Point!

1日目2日目の課題を生かして、少し複雑なモチーフにチャレンジ。時間をかけてじっくり描き込んでみよう!

4課題目「静物デッサン」:初級編2

課題:『セットされたモチーフをデッサンしましょう。』

制作時間:2日間(6時間)
画面サイズ:B3
モチーフ:鳥の剥製、ヤカン、石

作品:基礎科

モチーフ例

Point!

最後の課題は難易度高し!これまでの取り組みを活かしながら、複雑な形と質感のモチーフにチャレンジ!

オススメ!
授業で使用する画材は、全てハマ美で購入できるから安心です!

※詳しくは、夏期講習会ページでご確認ください。


[基本]カリキュラムを受講する人は、[応用]カリキュラムも一緒に受講してレベルアップを目指してみよう!

デッサンコース入門クラス

講座番号

[基本]カリキュラムのステップアップ講座。じっくり時間をかけて様々なモチーフに挑戦します。1日3時間×6日間の講座です。

●スケジュールはこちら
BB1~BB8は、全て同じ内容の講座ですので、8つの期間のどこからでもスタートできます。
どんなことをやるの?
1課題目「静物デッサン」:実践編1

課題:『セットされたモチーフをデッサンしなさい。』

制作時間:2日間(6時間)
画面サイズ:B3
モチーフ:ステンレス缶、紙風船、ホース

作品:基礎科

モチーフ例

Point!

基本形態はシンプルながらも、質感の表情が様々なモチーフが出題。デッサン力向上に必須な観察力を、じっくり取り組んで養おう。

2課題目「静物デッサン」:実践編2

課題:『セットされたモチーフをデッサンしなさい。』

制作時間:2日間(6時間)
画面サイズ:B3
モチーフ:ウレタンマット、ガラス瓶、鉄パイプ

静物デッサン作品例

Point!

透明なガラス、硬い金属、柔らかいウレタンなど、形も質感も複雑なモチーフ。それぞれの特徴を細やかな観察で見つけることが、1番の攻略方法!

3課題目「静物デッサン」:実践編3

課題:『セットされたモチーフをデッサンしなさい。』

制作時間:2日間(6時間)
画面サイズ:B3
モチーフ:ガラス容器、薪、ロープ、ソフトボール、布

作品:基礎科

モチーフ例

Point!

最後の課題はモチーフの量も多くて難易度高し。形、質感にこだわって、充実感のある作品を目指そう!

オススメ!
この夏に色々体験してみたい人は、課題別クラスや専攻別実技コースもチャレンジしてみよう!

※タップすると経験者用ページに移動します。