デッサンのコツが掴める冬期講習会”入門クラス”

鉛筆デッサンが初めての人の為の、用具の使い方から描き進め方まで、[基本]と[応用]が学べる冬期講習会入門講座です。

[基本]カリキュラム

1日3時間×4日間で、デッサンの基本を3つのステップで学ぶ講座です。道具の使い方や描き進め方を講義を交えながら進めていくので、しっかり基本が分かります!
デッサンコース入門クラス
[基本]カリキュラム
1日3時間×4日間
講座料金 12,000円

[基本]カリキュラム
どんなことをやるの?
1+2日目:明暗と立体感 STEP1 & STEP2

明暗と立体感

課題:『卓上静物デッサン』
与えられたモチーフを台上に配置してデッサンしなさい。
モチーフ:りんご、ワイン瓶、耐火煉瓦。
鉛筆 B3画用紙
作品:基礎科

卓上静物デッサン作品例

STEP1

まずはデッサンで使う道具の準備です。鉛筆の削り方やねり消しゴムの使い方などを学びます。また、Hや2Bなどの鉛筆の濃さの使い分け方を、濃い色の瓶や赤いリンゴをモチーフに学びます。

STEP2

リンゴみたいにゴロっと立体的に描くにはどうすればいい?立体感を表現するには、光と影(明暗)がポイントです。制作の合間にある先生の説明を参考にしながら実践してみよう!

3+4日目:透視図法を学ぶ STEP3

透視図法を学ぶ

課題:『卓上静物デッサン』
与えられたモチーフを台上に配置してデッサンしなさい。
モチーフ:ブロック、丸缶、薪。
鉛筆 B3画用紙
作品:基礎科

卓上静物デッサン作品例

STEP3

ブロックの形はどうやって捉えるんだろう?自然な奥行きを表現するにはなにか法則がある?
空間感を表現するための遠近法「透視図法」をブロックをモチーフに学びます。

日程を見る
[基本]カリキュラムの講座番号は
BAです。
BA1~BA5は全て同じ内容なので、
どの期間を受講してもしっかり
基本から学べます!
[応用]カリキュラムを一緒に受講
したい人は、早めの期間を選ぶと
良いですよ!

[応用]カリキュラム

[基本]カリキュラムで学んだ内容を[応用]して、レベルアップを図るステップアップ講座です。[基本]と[応用]のセット受講が、受講料も割引になっておすすめです。
デッサンコース入門クラス
[応用]カリキュラム
1日3時間×4日間
講座料金 12,000円

※[基本]+[応用]=¥24,000→¥20,000(¥4,000割引)

どんなことをやるの?
1+2日目:工業製品を描こう!

工業製品を描く

課題:『卓上静物デッサン』
与えられたモチーフを台上に配置してデッサンしなさい。
モチーフ:金属缶、ビニールホース、紙風船。
鉛筆 B3画用紙
作品:基礎科

卓上静物デッサン作

紙風船やビニールホースの柔らかな形のモチーフの中にある、直方体の工業製品(金属缶)がポイントになる静物です。
円形の蓋やねじ込み部など、細かな形を規則正しく丁寧に描写して攻略しよう!
3+4日目:質感表現を学ぶ

質感表現を学ぶ

課題:『卓上静物デッサン』
与えられたモチーフを台上に配置してデッサンしなさい。
モチーフ:ビール瓶、丸パイプ、スポンジ板。
鉛筆 B3画用紙

卓上静物デッサン作

2課題目は、ザラザラ、ツルツル、ピカピカの質感の表現にチャレンジ。ガラス、金属、スポンジなど質の違うモチーフが並びます。光と影の立体感の表現や遠近法も駆使して、リアルなデッサンを目指そう!
日程を見る
[応用]カリキュラムの講座番号は
BBです。
BB1~BB5は全て同じ内容なので、
どの期間を受講してもしっかり
ステップアップできます!
[基本]カリキュラムとセットで
受講してこの冬に鉛筆デッサンを
しっかりマスターしよう!
check!
授業で使用する画材は、全てハマ美でセット購入できるから安心です!

[基本]カリキュラム、[応用]カリキュラムで使用する画材は、
Ⅰ全コース共通 デッサン基本用具セット』です。

初めてをしっかりサポート!

基礎科のレクチャー風景写真

未経験でも大丈夫!鉛筆の削り方から指導

鉛筆の削り方や画用紙の裏表など初歩から一つひとつ説明しながら授業を行います。4日間で鉛筆デッサンの基本をしっかりマスターしよう!

基礎科の授業風景

加筆指導から学ぼう!

言葉ではなかなか伝わりにくい描写のコツなど、実際に講師が加筆指導して、描き方のお手本を伝授します。

基礎科のレクチャー風景写真

個別アドバイスがもらえる!

制作中はもちろんのこと、制作終了後の行われる講評会でも、アドバイスは一人ひとりに行います。