多摩美ダクト推薦入試合格者数

2020年度多摩美術大学生産デザイン学科プロダクトデザイン専攻の推薦入試に挑んだ3名現役受験者全員が合格しました!!おめでとうございます!
プロダクトの推薦入試は、選択A:「アイデア/プロセス」、選択B:「スケッチ/デッサン」のどちらかを選んで受験します。ハマ美からの3名の受験者は、1名が選択B、2名が選択Aで選んで受験しました。

年によって、選択Aからの合格者が多かったりまたその逆があったりしますので、一概にどちらが有利かという判断は難しいのが現状です。ですが、プレゼンテーションにかなりの重きが置かれている印象ですので、人前に出ることに抵抗がなかったり、または高校生活で何か発表の機会を多く持っている人などは良いかもしれません。
絵が上手いかどうかの前に、人前でしっかりと話をすることができ、また自己アピールできる経験を持っていると有利と言えます。

選択Aと選択Bとの違いは、

選択A:「アイデア/プロセス」は、文章でのアイデア説明に加えて、イラストや図式、漫画などを用いての紙面表現です。問題文を理解したうえでのアイデア発想力を採点基準とします。
選択B:「スケッチ/デッサン」は、デザインスケッチや鉛筆デッサン、カラー描写などによる紙面表現です。問題文に応じた描写内容と表現力を採点基準とします。

とあります。

ちなみに今年の問題は、

選択A
使用するひと、場所、状況を考慮し”水を有効に活用する”アイデアを考え、その場所に使用する道具のデザインを指定用紙に記しなさい。
選択b
与えられたモチーフを自由に構成し、スケッチまたはデッサンしなさい。
配布モチーフ:ふうせん 3個(描写する色や数は自由)
       バルーンポンプ 1個

でした。