推薦入試step3イメージ

STEP3「多摩美の推薦入試>ポートフォリオ制作2」

さあ、いよいよポートフォリオ制作です。
あらためて、「ポートフォリオ」をどういった性格のものとして捉えるか、
STEP2「多摩美の推薦入試>ポートフォリオ制作1」”をもう一度読み返しておいてください。
「ん!?ポートフォリオってナニ???」って言う方もみてくださいね。

大学の先生は、”あなた”に直接会って、”あなた”を判断したいのだ、、、とお話ししました。
第三者に自分をアピールしようと思った時に、まずはあなた自身が、自分のことをよく理解しておかなくてはいけません。自己を推薦するわけですから。

では作業に入りますが、いきなりポートフォリオを作り始めたりはしません。
まず、ノートかクリアファイルを一冊用意しましょう。
そこに、過去、現在、未来の3つのページをつくります。
過去ページには、いままで何に興味を持ってものを見てきたのか、自分はどんな眼差しを持っているのか、どんな生活をしてきたのかを記述していきます。改まって書く必要はありませんよ。箇条書きでもイラスト付きでもいいので、とにかくいっぱい出すことが重要です。これまでの自分を整理していくわけです。

  • 子供の頃、住宅展示場に行くのが大好きだった。
  • ハリーポーッ○ーの世界観が大好き。
  • 暇さえあれば、大好きなアーティストのMVを見ている。
  • 淡いトーンのものが好き。
  • にわとりが大好きすぎて飼ってしまった。
  • あの清涼飲料水のCMが大好き。
  • 小さい頃から絵画教室に通っていた。
  • NYに旅行に行った時に見たグラフィティーがめっちゃかっこよかった。
  • 工作が好き。
  • 子供の頃の夢は研究者になることだった。
  • 文化祭実行委員を毎年勤め、何か楽しいことを企画するのが好き。
  • 小学生の時スピーチコンテストで賞をとった。
  • ノートや教科書のあちこちに落書きをしてきた。
  • 子供の頃から日本舞踊やダンスなどをやっている。
  • 学校での課外授業が好き。

ページいっぱいに書き出せるといいですね。

まだここでは、何をポートフォリオに載せようか?を考える必要はありません。
とにかくいっぱい出してください。

「過去」ページが埋まったら今度は「現在」ページを書き込んでいきます。
この「過去」「現在」「未来」を記述していくことが、ポートフォリオ制作のみならず、推薦入試対策の重要な重要な第一段階になります。

楽しみながらもしっかり充実させていきましょう!

次回は「過去」「現在」「未来」の記述が、なぜ重要なのかをお話ししたいとおもいます。