映像・メディア系

主なカリキュラム

  • 色彩基礎演習課題

色彩において全ての基本は明度計画にあります。何色を塗るかのその前に、明度によって色彩をしっかりコントロールする力を養うことが必要です。全専攻志望者対象の課題ですが、今後のメディア表現に欠かせない力です。

 

  • イメージ表現研究課題

主に武蔵野美術大学映像学科の感覚テストのための研究課題。与えられた図版(イメージ)を情景描写(文章化)することからはじめ、テーマをイメージと文章で表現する力を得るための基礎トレーニング課題です。

 

  • 作家研究:模写

主に多摩美術大学情報デザイン学科メディア芸術コースの視覚表現のための研究課題です。絵肌のテクスチャーや表現方法などを絵画の模写を通して会得し、今後の自分の絵作りのベースを見つけていきます。

 

  • 明暗の設定

立体感や空間感の表現には光と影の効果がとても重要です。画面の中に光を設定し、はっきりとした光の秩序を意識した制作を行っていきます。

 

  • 手のデッサン

「手」のデッサンを入試で課す専攻は多く、難易度の高いモチーフの一つです。構造をしっかりと理解することが上達の第一歩。テキストを用いて形の理解を深めます。

 

  • 静物・構成デッサン

年間を通じて行うレギュラー課題の一つ。クロッキー課題や細密写課題など、他のデッサン力強化課題を行いながら、実技習熟度を図っていきます。

 

  • ブランディング課題

ハマ美のデザイン工芸コースの名物課題。チームを組んで制作するグループ課題。全専攻志望者対象に行うものですが、プレゼンテーションの際のビジュアル・映像表現など積極的に取り組んでほしい課題です。