日本画コース

徹底した描写力を。

本コースでは、観察する力を何よりも重視します。石膏や静物のデッサン・着彩を通じて、 対象の魅力を敏感に受け止めながら緻密に観察する力と、正確に描写する力を培います。受験生に必要とされる力だけではなく、将来絵を描いていくための基礎を築きます。

 
石膏デッサン
東京藝大の一次試験対策として様々な石膏像を描きます。石膏デッサンで培われる観察力は、将来絵を描いていくうえで重要な要素となります。
 
静物写生
日本画コースでは石膏デッサンとともにカリキュラムの柱のひとつです。東京藝大の二次試験対策として水彩絵具を用いて主に静物を写生します。
 
細密描写
目の前にあるモチーフを、たっぷりと時間をかけて徹底的に描写します。緻密な観察に基づいて描写することで、臨場感のある完成度の高い作品を目指します。
 
人物写生
主に多摩美術大学の入試対策として人物モデルを囲み、描きます。人体の複雑な構造を理解し、表現する経験によって総合的に描く力を身につけます。
 
昼間部美術講義
高卒生を対象にした、スライドレクチャーです。専攻に関わらず「美術」に携わる人に必要となるような重要テーマを取り上げ、解説します。
 
模写
日本画に限らず古典から近現代まで幅広い時代の絵画を時間をかけアクリル絵具や墨で模写します。実験と検証を繰り返し、絵画への理解を深めます。
 
デモンストレーション
講師が生徒と同じ環境で制作をします。プロセスを間近で見ることによって、言葉では説明できないような感覚的んあニュアンスを伝えていきます。
 
大作課題
大型のモチーフを描く課題です。普段より大きなサイズの画面に、じっくりと向かい合います。入試サイズを飛び超え、より大きな空間を感じ取るトレーニングです。