デッサンの基礎:光と陰影

鉛筆デッサンの基礎:光と陰影

「立体感や空間感を表現したい」。そんな時はどんなことに気をつけたらいいでしょうか。何かコツはあるのでしょうか?
しかも、美大デザイン科の入試で課される鉛筆デッサンは、平面上に立体物を表現できているかが評価基準の一つであり、重要度もかなり高いのです。

光と陰影

「立体感や空間感を表現したい」。そんな時はどんなことに気をつけたらいいでしょうか。何かコツはあるのでしょうか?
しかも、美大デザイン科の入試で課される鉛筆デッサンは、平面上に立体物を表現できているかが評価基準の一つであり、重要度もかなり高いのです。
二次元の白い紙の上に、黒い鉛筆で三次元空間を表現する場合、を使うのが最も有効です。
我々の眼は光を捉えてそれを図像として認識している、光学装置です。カメラもレンズで光を捉え図像をフィルムやデジタル情報として記録しているので基本的な構造は同じです。
鉛筆デッサンをデジタル写真に例えるなら、「眼=レンズ」で光を捉え、「頭=コンピュータ」で処理し「手=プリンタ」を使って「紙」に定着させる行為であると言う事ができるでしょう。
立体的なモノに、ひとつの光源から光が当たれば、モノには日向(明るいエリア)と日陰(暗いエリア)ができます。この日向と日陰のトーンを描き違えることが重要になります。しかし、デッサンをする環境は、必ずしもそれに適した光源が用意されているとは限りません。だからと言って、そのベストではない光の状況をそのまま描いても二次元上(紙の上)に三次元空間(立体)を表現することは難しくなってしまいます。
そこで、光と陰影の基本的な性質を理解し自らの「頭=コンピュータ」を使って画像処理(演出)をしてあげる必要があるのです。

陰と影

鉛筆デッサンは、白い紙に黒い鉛筆で描いていくので、基本的には暗い「かげ」のエリアにより多くの鉛筆をのせていくことになります。ですから、しっかりと「かげ」の世界が生まれるようにモチーフに光を当てる必要があります。また、「かげ」にはモチーフの光が当たらないエリアの「陰」とモチーフが床などに映す「影」の2種類の「かげ=陰影」があることを覚えておきましょう。そしてその「かげ」の世界には、周りの物(主に床)に当たった光が反射して照り返す「反射光」があります。つまり「日向」「影」「陰」「反射光」の4種のトーンを意識するのがコツです。

ベストな光

ここからは、光と影のポイントについて、立方体に当たる光とそれが落とす影について、図を参照しながら話を進めます。図は、左側にトーンを使ったデッサンが描かれています。右側は線で描かれていて、立方体に当たる光が矢印で示してあり、一つは光の角度を表しています。もう一つの矢印は、光がモノに向かってくる方向を表しています。ここでは、「斜め」「真上」「逆光」の3種類の光によってできる「かげ」について図解してあります。

1.斜めの光

最初の図は斜めの光です。見えている3つの面への光の当たり方(光量)が全て異なるので、3つの面を異なるトーンで表現できます。そのことで、面の方向性の違いを明快に伝えることができるのです。さらに、立方体が床に落とす「影」によって床の手前と奥の空間感も表現しやすい状態になります。

2.真上からの光

2つの垂直面にトーンの差が生まれていません。これでは、90度変化している面の方向性が伝えづらいです。また、立方体が床に映す「影」がないので、空間感が非常に表現しづらくなってしまいます。

3.逆光

つの垂直面にトーンの差が生まれていないので、面の方向性が伝えづらい状態です。「影」は手前に向かって伸びてくる状態なので、立方体の裏側の空間が示唆しにくい状態になっています。

まとめ

立方体の立体感と空間感を一番明快に伝えているのは1.の斜めの光です。光はモチーフの上方手前側から少し斜めに当たっている状態が、一番モノの立体感とその周辺の空間感を表現しやすい「ベストな光」であると考えて良いでしょう。
最後に補足ですが、ここでいう「ベストな光」はあくまでも、モノの形態とその周辺の空間を見る人にわかりやすく伝えるデッサンをする上でのベストであって、全ての平面表現においてのベストではないということを、頭の片隅に入れておいてください。たとえば逆光は、朝日や夕日などを印象的なイメージで伝えるのに有効です。本来、作者が何を表現したいか、何を一番伝えたいかによって、「ベストな光」というのは選択されるべきものなのです。