多摩美術大学・武蔵野美術大学をはじめとする私立大学の受験が終わり、合格した受験生たちは「入試再現作品」を制作しています。

入試再現作品とは、合格者が、入試本番でどのような絵を描いてきたのかを、hamabiのアトリエで再現した作品のことです。もちろん再現するにあたり、すべてを本番と同じ環境にすることはできないので、そのほとんどが思い出しながら想像で描いてもらっています。目の前にモチーフはなくても、受験生たちは意外と自分が描いた絵を覚えているものです。

 

再現をするのは、合格のレベルを知りたいからです。どこまで描ければ合格なのかを知ることができれば、美大に行きたいと思っている次の受験生が対策をするときに参考になります。

実は、いま再現を描いている受験生たちも、過去の受験生が残してくれた合格再現作品を参考にし、お世話になったのです。そうやってまだ見ぬ次の受験生へバトンを渡していくことが、難関美大への現役合格を可能にしていきます。

 

 

多摩美術大学グラフィックデザイン学科合格(現役)

多摩美術大学グラフィックデザイン学科合格(現役)

多摩美術大学生産デザイン学科プロダクトデザイン専攻合格

多摩美術大学生産デザイン学科プロダクトデザイン専攻合格

多摩美術大学グラフィックデザイン学科合格(現役)

多摩美術大学グラフィックデザイン学科合格(現役)

武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科合格 (現役)

武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科合格 (現役)

入試再現作品をつくる①はこちら→
入試再現作品をつくる②はこちら→
入試再現作品をつくる③はこちら→
入試再現作品をつくる④はこちら→