基礎科の家庭課題その3
こんにちは、基礎科講師の村です。
家庭課題その3をご用意しました。
自宅でデッサンしてみてください。

週4日クラス(デザイン工芸基礎コース、絵画基礎コース)の課題

出題:指定されたモチーフを描きなさい。

モチーフ:靴(片方)
画材:鉛筆
サイズ:B4(257mm × 364mm
制作時間:12時間
提出期限:5/2(土)朝9:00

靴の細密デッサンです。選ぶなら紐靴の方が描きごたえがあって良いと思います。スニーカーやブーツなどがこのデッサンには向いています。よく観察しながら細部まで描き切って欲しいと思います。特にモチーフの構造をしっかりと意識しないと、めちゃくちゃな製品に見えてしまうので要注意です。

週3日クラスの課題

出題:指定されたモチーフを卓上にセットし描きなさい。

モチーフ:大学ノート2冊、野菜orフルーツ1個、ボウルor皿1個、スプーン1本
画材:鉛筆
サイズ:B4(257mm × 364mm
制作時間:9時間
提出期限:5/2(土)朝9:00

静物デッサンです。大学ノートがなければ、雑誌や本で代用しましょう。四角い物・円柱状の物・球体状の物など、基本形態が集まっているモチーフになると良い勉強になりますので、選んでみて下さい。モチーフがたくさんありますが、それらを平等に扱うと、煩雑な絵になりがちです。5つのモチーフを、所々まとめてセットするようにして、わかりやすい見た目にしましょう。

 

週2日クラス、週1日クラスの課題

出題:指定されたモチーフを卓上にセットし、描きなさい。

モチーフ:ソックス1足、缶詰or缶飲料1個
画材:鉛筆
サイズ:B4(257mm × 364mm
制作時間:6時間
提出期限:5/2(土)朝9:00

ソックスと缶詰という不思議な取り合わせですが、この素材感の違いをうまく表現できるかがポイントです。また、缶詰は円柱です。円柱はどこからみても対称(シンメトリー)な形状ですから、歪みのないように描きましょう。ラベルデザインの描きこみも見応えにつながりますので、しっかりと描いて完成度をあげましょう。

週1日ショートの課題

出題:指定されたモチーフを卓上にセットし、描きなさい。

モチーフ:缶詰or缶飲料1個
画材:鉛筆
サイズ:B4(257mm × 364mm
制作時間:3時間
提出期限:5/2(土)朝9:00

工業製品を描きます。円柱には中心があり、どこから見ても対称(シンメトリー)な形です。歪みのないように描きましょう。ラベルのデザインはしっかり描くと見応えにつながりますので、よく描き込んで完成度をあげましょう。また、製品の比率(高さx太さなど)の印象が合うように、しっかりと観察しましょう。

●家庭課題にかける時間

制作時間はクラスによって(一週間あたりの授業時間によって)違います。

週4日クラス=授業時間12時間/週
週3日クラス=授業時間9時間/週
週2日クラス=授業時間6時間/週
週1日クラス=授業時間6時間/週
週1日ショート=授業時間3時間/週

このようになりますから、
自分が通っているクラスの授業時間を目安に制作してみてください。

●家庭課題カリキュラム

5月基礎科_家庭課題カリキュラム

●作品の提出方法

作品はスマートフォンなどで写真に撮り、画像を提出する形式です。
Googleクラスルームというアプリを使います。

写真撮影のポイント

Google Classroom マニュアル

●講評会について

一週間に一度講評します。
オンライン講評です。
横浜美術学院のYoutubeチャンネル「hamavideo」に、作品を講評する動画をアップします。
そちらを視聴して下さい。

<講評会動画の配信予定日>
5/3(日)16:30〜
※予定は変更になる場合があります。

●画材について

画用紙は、B4サイズ(257mm × 364mm)で描いて下さい。
画材は、自宅にある「鉛筆デッサン基本用具セット」をお使いください。
家に専門画材がない、紙が購入できなかった、など諸事情ある人もいると思います。
そういう時は必要最低限のもので描きましょう。
A4コピー用紙でも構いません。
鉛筆は画用が望ましいですが、筆記用でも良いです。
練り消しゴムはプラスチック消しゴムで代用しましょう。