基礎科の家庭課題その1

こんにちは、基礎科講師の村です。
新年度生のみなさんに向けて、家庭課題をご用意しました。
自宅で是非やってみてください。

週4日クラス(デザイン工芸基礎コース、絵画基礎コース)の課題

出題:「触れ合う両手」を描きなさい。

画材:鉛筆
サイズ:B4(257mm × 364mm
制作時間:12時間
提出期限:4/18(土)朝9:00

両手を描きなさいという、難しい出題です。利き手も描かなければなりません。手の構造をしっかり観察して描いて欲しいというのはもちろんですが、「触れ合う」というのがどういう形で触れ合うのか、アイデアを出すところからスタートして下さい。ただ触れていれば良いということではなく、絵の中での配置、レイアウトも大事ですね。美しい手のデッサンを期待します。

週3日クラスの課題

出題:「任意の球体を持つ手」を描きなさい。

画材:鉛筆
サイズ:B4(257mm × 364mm
制作時間:9時間
提出期限:4/18(土)朝9:00

任意とは、「あなたにお任せします」「あなたの好きなものを選んでください」という意味です。ここでは任意の球体と言われていますので、野球ボール、毛糸玉、など好きな球体、好きな質感を設定して下さい。球体の持ち方が美しいかどうかはもちろん、明暗表現・構図の的確さなども見ます。

週2日クラス、週1日クラスの課題

出題:指定されたモチーフを卓上にセットし、描きなさい。

モチーフ:ハンカチ(タオル・手拭いでも可)1枚、マグカップ1個、野菜orフルーツ1個
画材:鉛筆
サイズ:B4(257mm × 364mm
制作時間:6時間
提出期限:4/18(土)朝9:00

自宅にあるもので静物デッサンの練習をしてみましょう。下に敷く四角い布、円柱状のカップ、有機的な形の野菜、の3種類を描いてもらいたいと思います。布やカップはなるべく無地の方が良いですが、柄や模様があるものしか自宅にない場合はそれでも可です。立体感のある表現、美しい光と影、分かりやすいセッティングで描かれた作品を求めます。

週1日ショートの課題

出題:指定されたモチーフを卓上にセットし、描きなさい。

モチーフ:野菜orフルーツ1個
画材:鉛筆
サイズ:B4(257mm × 364mm
制作時間:3時間
提出期限:4/18(土)朝9:00

最もシンプルな課題です。堂々とした大きさで、細部までよく観察しながら描いてみましょう。野菜は、ほうれん草などの葉物だと難しいので、できれば塊(かたまり)状のものを。野菜には何らかの規則性があり、その野菜特有の特徴があります。それを捉えるように努めましょう。また、床の上に置かれている様子を自然に描けるか、というのもポイントです。

●家庭課題にかける時間

制作時間はクラスによって(一週間あたりの授業時間によって)違います。

週4日クラス=授業時間12時間/週
週3日クラス=授業時間9時間/週
週2日クラス=授業時間6時間/週
週1日クラス=授業時間6時間/週
週1日ショート=授業時間3時間/週

このようになりますから、
自分が通っているクラスの授業時間を目安に制作してみてください。

●家庭課題カリキュラム

基礎科_家庭課題カリキュラム表

 

●作品の提出方法

作品はスマートフォンなどで写真に撮り、画像を提出する形式です。
課題出題・提出は、Googleが提供するClassroomというサービスを利用します。みなさんにご用意いただくのは、Googleのアカウントと、スマートフォンにClassroomのアプリを入れていただくのみで、費用はかかりません。Classroomアプリからクラスコードを入力し、授業に参加できます。
なお、クラスコードは、登録いただいている緊急メールにてお知らせいたします。

写真撮影のポイント

Google Classroom マニュアル

●講評会について

一週間に一度講評します。
オンライン講評です。
横浜美術学院のYoutubeチャンネル「hamavideo」に、作品を講評する動画をアップします。
そちらを視聴して下さい。

<講評会動画の配信予定日>
4/19(日)16:30〜
4/26(日)16:30〜
5/3(日)16:30〜
※予定は変更になる場合があります。

●画材について

画用紙は、B4サイズ(257mm × 364mm)で描いて下さい。
画材は、自宅にある「鉛筆デッサン基本用具セット」をお使いください。
家に専門画材がない、紙が購入できなかった、など諸事情ある人もいると思います。
そういう時は必要最低限のもので描きましょう。
A4コピー用紙でも構いません。
鉛筆は画用が望ましいですが、筆記用でも良いです。
練り消しゴムはプラスチック消しゴムで代用しましょう。