30日で受験科2018年の授業はすべて終了しました。
みんなお疲れ様でした!
今年最後の課題はなんと、
「今年一番のキメ顔を描きなさい。」でした。
実はこれ、デザイン工芸コース毎年恒例の課題なんですね。

12月上旬から入試直前講習が始まり、
毎日毎日想定問題を繰り返し、対策を行ってきました。
問題点や気をつけなければならないことを明らかにし、試験へ向けての体制を整えています。

”対策”は試験へ向けて大切なトレーニングですが、
一方で”絵”は不思議なもので、描き手のテンションが如実に現れます。
「こうしたい!」という強い思いが、魅力を生み、見る者を引きつけるのです。
”対策”は指差し確認のように、一つでもミスをなくすアプローチ。
必要不可欠ですが、「こうしたい!」という”思い”の部分が薄れがちかもしれません。

今回のキーワードは『今年一番のキメ顔』。
真剣に取り組むもよし、笑いを取るもよし。
大事なことは”ねらい”を持つこと。
それが描き手の思いになります。

ほら、今回のみんなの絵、講評、楽しかったでしょ?笑
きっと、本質的にとても大切なものがあったと思うんです。
 

 

 

さて、来年は4日からスタートです。
ちょっとだけ休んでリフレッシュして、
元気な顔でまた会いましょう!!