合格再現作品紹介第4弾は、
多摩美術大学生産デザイン学科テキスタイルデザイン專攻の色彩構成、
武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科の留学生試験の色彩構成と鉛筆デッサン、
そして武蔵野美術大学空間演出デザイン学科、基礎デザイン学科の色彩構成、
多摩美術大学情報デザイン学科情報デザインコースのデッサンです。

まずテキスタイルデザインの色彩構成は、みかんと落花生がモチーフとして配布されました。

多摩美術大学生産デザイン学科テキスタイルデザイン專攻 合格者再現作品

武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科の留学生入試の色彩構成は、「日本の四季のうちから1つの季節を選び、その季節の「音」と、その音を聞いた時のあなたの感想を表現しなさい。」というものでした。

武武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科 留学生入試 合格者作品 現役生

一方、鉛筆デッサンの試験は静物です。
一般入試のデッサンが今年度から静物になりましたが、留学生入試は静物デッサンがスタンダードです。

武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科 留学生入試 合格者作品 現役生

続いて空間演出デザイン学科。
「与えられたモチーフに自由に平面表現しなさい。」という課題で、セロハンテープが配られました。

武蔵野美術大学空間演出デザイン学科 
合格者作品 現役生

続いて基礎デザイン学科。
問題は・・・
ちょっと待ってください!

武蔵野美術大学基礎デザイン学科 
合格者作品 現役生

第4弾の最後は多摩美術大学情報デザイン学科情報デザインコースのデッサンです。
「綿棒と自分の手をよく観察して描きなさい」でした。
綿棒にちょっとびっくりしましたね。

多摩美術大学情報デザイン学科情報デザインコース
合格者再現作品 現役生