立体系デザイン

立体系デザイン専攻

「形体」「質感」をどれだけ感じ取れるか。
物を立体的かつ構造的に解釈する。

  • 構成研究課題

主に多摩美術大学生産デザイン学科プロダクトデザイン専攻・テキスタイルデザイン専攻の色彩構成の研究課題です。評価基準をしっかりと理解しながら、独自の答え方をオリジナルテキストを用いながら研究していきます。

 

  • 立体系色彩基礎課題

立体系色彩基礎課題では、色彩基礎演習課題での明度計画を立体物を表現することに応用します。あえて色数を制限し、明度による立体表現の理解を目指します。

 

  • 質感表現課題

細やかな観察をベースに、物の質の違いを表現する課題です。鉛筆の種類や筆圧など、様々な事に気を配って描き分け、表現の幅を広げます。全専攻志望者対象の課題ですが、立体系デザイン志望者には必須のトレーニングです。

 

  • 静物・構成デッサン

年間を通じて行うレギュラー課題の一つ。クロッキー課題や細密写課題など、他のデッサン力強化課題を行いながら、実技習熟度を図っていきます。

 

  • 静物・卓上デッサン

多摩美術大学生産デザイン学科テキスタイルデザイン専攻、武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科など、静物空間を表現するポイントをテキストを用いて理解を深めます。

 

  • 明暗の設定

立体感や空間感の表現には光と影の効果がとても重要です。画面の中に光を設定し、はっきりとした光の秩序を意識した制作を行っていきます。

 

  • 手のデッサン

「手」のデッサンを入試で課す専攻は多く、難易度の高いモチーフの一つです。構造をしっかりと理解することが上達の第一歩。テキストを用いて形の理解を深めます。

 

  • ブランディング課題

ハマ美のデザイン工芸コースの名物課題。チームを組んで制作するグループ課題。全専攻志望者対象に行うものですが、商品のパッケージデザインやプレゼンテーションなど、プロダクト志望者には積極的に取り組んでほしい課題です。