横浜美術学院のブログ

美大受験予備校「横浜美術学院」の授業の様子を、初めての人にも分かりやすくご紹介していきます。

2018年度入試 タマビ・ムサビ推薦入試の結果

投稿日:2017-11-24 更新日:

2018年度推薦入試の結果

 

合格速報です!

2018年度入試タマビ・ムサビ推薦入試の結果が出揃いましたのでお伝えします。今年も推薦受験組が大健闘してくれました。第一志望大学への合格、本当におめでとうございます!

 

【多摩美術大学】

グラフィックデザイン学科
3
名合格!うち現役2名!

演劇舞踏デザイン学科
劇場美術デザインコース
1
名合格!うち現役1名!

情報デザイン学科
メディア芸術コース
1
名合格!うち現役1名!

 

【武蔵野美術大学】

空間演出デザイン学科
1
名合格!

 

こんにちは。
高1生・高2生科の講師の村です。

推薦で合格された受験生の皆さん、おめでとうございます。僕は高1〜2生担当なので彼らの指導はしていませんが、推薦対策を頑張っている姿は見ていました。考案した作品について大きな声で説明しているプレゼン対策をしている声が聞こえてきたり。本人たちも結構恥ずかしいと思うんですけどね。もう入試直前となれば、他人の視線など気にならないものです。目の前のことに集中していたのでしょう。挨拶するときに顔を合わせる程度でしたが、だんだんと本番にむけて覚悟が決まっていく様子がわかりました。

多摩美術大学グラフィックデザイン学科の成績はすごいですね。というと手前味噌だしどう書けばいいのかわかりませんが、でもよく頑張ったよ!(笑) だって考えてみてください。募集定員18名のところに、180名の志願者が集まったってことは、倍率10倍だったわけです。10人に1人しか合格できない狭き門に3人通過したのですから、大健闘だと思います。

グラフィックデザイン学科に合格した二名の現役生は昨年まで僕も教えていました。一人は中学生から、もう一人は高1から実技勉強を始めていました。今から思えば受験に対する意識が人一倍あったのかもしれないですね。二人のデッサン力はとても高かったです。しかも安定していて、どんな課題でも自分の力を出し切ろうとする強さがあったように思います。グラフィックデザイン学科の推薦入試の内容はほとんど一般入試と変わらない内容ですし、しかも早期受験ということで、実技レベルをそこまで引き上げるのが難しい、そういう試験だったと思います。成長したんだなあと感心してしまいました。

じゃあ受からなかった人が頑張ってなかったかというと、そうじゃないと思います。実際、推薦の厳しい結果を受け止めて、一般入試へさらなる闘志を燃やす人も大勢います。これが伸びるきっかけになるかもしれません。

この経験を活かそう!

 

 

-お知らせ, デザイン工芸, 高1・高2

Copyright© 横浜美術学院のブログ , 2017 All Rights Reserved.