学院Blog 新着ニュースや授業の様子をお届けします

2015/07/16

1学期実技模試

先週の高1生・高2生科は恒例の学期最後の実技模試でした。
普段の授業で学んだ成果を確認するためにも、
また、ちょっとした練習試合のような意味合いもあり、自力で作品を仕上げます。



全コース・全クラス合同で行われますが、課題は共通ではありません。
レギュラーコースと特進コースでは、授業設定の都合上、
制作時間が異なるため課題を変えて出題しています。



レギュラーコースは構成デッサンで、「私の身辺というテーマで描きなさい」という出題でした。
B3サイズ(513×364mm)の画用紙で描きます。
特進コースは静物デッサンで、レギュラーコースの2倍程の大きさの木炭紙サイズという
画面で描きました(日本画専攻は白象紙、デザイン専攻は画用紙を使用) 。



高1生・高2生科のレギュラーコースでは、
週3日クラス・週2日クラス・週1日クラスと3種類のクラス設定があり、
週3日クラスだけが他のクラスより3時間ほど長く制作出来るため(制作時間/合計9時間)、
全体的に密度が高く、それぞれ力を出し切れた印象の作品が多くありました。



週2日クラスと週1日クラス(制作時間/合計6時間)は、
普段より良い作品に仕上がった生徒もいる一方、
自分のベストを出そうと頑張っているものの、ちょっと空回りという生徒もいたり、
様々な結果に一喜一憂といったところです。
普段の授業ではあまり感じない事ですが、3時間の差というのは作品に大きく影響するようです。



特進コース、レギュラーコース週3日、レギュラーコース週2日・週1日は
それぞれ3つのグループに分けて、審査が行われました。
特進コース1位、レギュラーコース週3日クラスの1位、2位、3位、
週2日・週1日クラスの1位、2位(3人同点)を、以下、写真で紹介します。



高1・2生科実技模試の結果

今回、ここに掲載出来なかった作品の中にも面白いものが多々ありました。
それぞれ思いは悲喜こもごもあると思いますが、
これを糧に夏期講習を経て、さらなるレベルアップをし、
次回の実技模試では実力を出し切って欲しいと思います。



PAGE TOP

神奈川の芸大・美大受験予備校 横浜美術学院

〒221-0834 横浜市神奈川区台町16-11

045-316-0677

hamabi@e-s-w.com

受付時間:月〜土/9:00〜18:00
日/10:00〜12:00 (祝日休業)