学院Blog 新着ニュースや授業の様子をお届けします

2015/05/21

こっちの方がのびのびしてる

アトリエの様子

高1生・高2生科レギュラーコースの授業レポートです。
今回は2つの課題の比較の話。


この週は、週1日・週2日クラスは「美しい手を描きなさい」、
週3日クラスは「光というテーマで自画像を描きなさい」という課題をやっていました。
どちらもベーシックなデッサン課題ですね。
やることは決まっているので、余計なことは考えずひたすら観察して描いていく、
そういう姿勢でも十分描いていけます。


作品画像1

うん、間違ってません。
いいですね、まっすぐに課題に向き合ってくれています。
それに、基礎的な描写力が着実についてきているのが分かります。
でも次の週、別の課題をやってもらったら、指導する先生たちの反応がちょっと変わりました。


週2日は「生き物というテーマで描きなさい」
週3日は「夢というテーマで描きなさい」という課題です。


作品画像2

こっちの方がのびのびしててイイじゃん!
絵の中での色のイメージ・構図・リズム感・細部へのこだわり…
ああ、この人はこういうのが好きなんだなぁ、というものがちゃんとあります。


もちろん、絵を鑑賞する人からすれば好き嫌いが別れるかもしれません。
虫は嫌いとか、魚はちょっととか、この世界観はどうなんだとか、そういうのはあるでしょう。
しかし、目の前の現象をただひたすら写すのではなく、「どのように絵にするか」といった
イメージを持って描くことで、相手に伝わる情報がずっと豊かになると思います。

多くの生徒が苦労するだろうと考えていた課題が、意外にも飛躍のきっかけになりそうです。



PAGE TOP

神奈川の芸大・美大受験予備校 横浜美術学院

〒221-0834 横浜市神奈川区台町16-11

045-316-0677

hamabi@e-s-w.com

受付時間:月〜土/9:00〜18:00
日/10:00〜12:00 (祝日休業)