難関美大現役合格体験記

2018年度合格体験記

Y.R.さん(私立 橘学苑)
入試再現作品
現役合格

Y.R.さん(私立 橘学苑)

  1. 多摩美術大学グラフィックデザイン学科(推薦入試)

やる気にさせてくれる講評

私が現役合格できたのは、hamabiでの講評のお陰です。hamabiでは良い作品をあげつつ全員が講評されます。そこで的確なアドバイスをもらうことで自分にはないものを発見でき、良い仲間であり、ライバルができます。周りの人の講評を聞くことによって自分自身を高められることが現役合格に繋がったと思います。また様々な課題があり、楽しく美術と向き合うことができました。丁寧に指導してくださった先生方に感謝の気持ちで一杯です。

PAGE TOP
Y.H.さん(県立 光陵)
入試再現作品
現役合格

Y.H.さん(県立 光陵)

  1. 多摩美術大学グラフィックデザイン学科(推薦入試)

根気よく向き合う

受験を意識するようになってから、自分の課題の多さにものすごく焦りました。とにかく不安な要素を減らすため、自分の描き方を1つ1つ見直しました。好評で自分が見落としていた部分を的確に指摘してもらえたことで、絵を客観的な視点から見ることができました。次の課題で意識的に欠点を直すようにし、前回よりも上手く描く!という気で描き続けたことで力がついたと思います。hamabiで過ごした時間は有意義でとても楽しかったです。

PAGE TOP
I.A.さん(私立 橘学苑)
入試再現作品
現役合格

I.A.さん(私立 橘学苑)

  1. 多摩美術大学演劇舞踏デザイン学科劇場美術
    デザインコース(推薦入試)

講評ノート

まず用意してほしいものは手頃なサイズの無地のノート。講評でいただいたアドバイスを記すだけでなく、上手くいったこと、反省点、褒められている人の作品を見て思ったこと、どんな些細なことでもいいです。とにかく書き込んでください。そうして出来上がった一冊は必ずあなたを支えてくれるでしょう。私が試験当日を落ち着いて過ごせたのはこの講評ノートのおかげです。制作を重ねるごとに着実に成長するためには必須の条件だと思います。

PAGE TOP
N.N.さん(県立 弥栄)
入試再現作品
現役合格

N.N.さん(県立 弥栄)

  1. 多摩美術大学情報デザイン学科メディア芸術コース(推薦入試)

習慣

やっていて良かったと思うことは、週末課題で写真を200枚撮ったことです。試験で出たモチーフがあまり特徴のないものだったので、とにかく200枚写真を撮るためにモチーフをたくさん観察する、という習慣が役立ったと思います。また、最初は何をしたら良いか全く分からなかったので先生に頂いたアドバイスや芸術家の表現をとにかく試して、段々と自分の表現を見つけていきました。

PAGE TOP
H.Y.さん(私立 東京韓国学校)
入試再現作品
現役合格

H.Y.さん(私立 東京韓国学校)

  1. 武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科(留学生入試)

結局はやる気と努力

約4年間hamabiに通っていて一番実力が伸びたのは入試直前の対策でした。私は外国人なので外国人留学生試験の対策をしていました。一般の課題内容とは少し違った自分の国の特徴を生かした課題が多かったのですが参考作品を見たり、先生達にアドバイスをもらってhamabiの対策で自分にしかできない描き方を得て入試に挑むことができました。hamabiの先生達や友達みんな本当に感謝しています!ありがとうございました!

PAGE TOP
  1. 2018年度版の合格体験記はこちら→
  2. 2017年度版の合格体験記はこちら→
  3. 2016年度版の合格体験記はこちら→
  4. 2015年度版の合格体験記はこちら→
  5. 2014年度版の合格体験記はこちら→
PAGE TOP

神奈川の芸大・美大受験予備校 横浜美術学院

〒221-0834 横浜市神奈川区台町16-11

045-316-0677

hamabi@e-s-w.com

受付時間:月〜土/9:00〜18:00
日/10:00〜12:00 (祝日休業)